梅川泰輝・祐生奈々先生

子平舘

梅川 泰輝 / 祐生 奈々

うめかわ たいき / ゆうき なな

子平舘は阿部泰山先生の直門として、正しい四柱推命学を広めるべく活動しておられます。四柱推命を学術的に捉え、研鑽を積んでおられる二人は非常に信頼のできる鑑定師です。そんな先生に鑑定に対する気持ちや業界のことについてお話を聞いてきました。

(取材日:2022年9月17日)

Q. 子平館について教えて下さい。

子平舘は、阿部泰山先生の直門として、四柱推命学を主体とした学問を通じ、幅広く後継のために人材育成を目的とし、プロの推命学者を養成、指導を中心に活動しています。

日本では、泰山流といわれている四柱推命が最も普及しているのではないかと思います。泰山流とは、阿部泰山先生が中国の四柱推命の原書を日本語化し、日本で初めて本格的に研究した学問です。その後、泰山流を勉強したお弟子さん達が泰山流を名乗っています。しかし、阿部泰山先生の教えを守った正統な四柱推命は、ほぼ有りません。先代の故梅川泰司先生は、阿部泰山先生より直接の教えを受け、泰山流のお免状も頂いた偉大な先生です。そのため子平館の四柱推命学は日本一を自負しております。

Q. 意識しているや大切にしていることを教えて下さい。

梅川先生

鑑定は常に「真剣勝負」です。絶対に間違わないように気を引き締め、もし間違えば腹をくくる覚悟を持って臨んでいます。四柱推命は最悪の場合、お客様を悲しみの淵に追いやる可能性があります。そのため、お客様がご自身で幸せを試算ができるように真剣に向き合うことを最も大切にしています。

祐生先生

「占い」は本来、癒しを求めるべきではないと思います。癒しを求めている方はいらっしゃいますが、四柱推命学で鑑定を受けるときは、自分自身の弱みや課題に直面し、その課題と向き合うことで、辛い思いすることがあります。しかし、そこから逃げ出さずに、よりよい人生を歩んでいくために、どのように取り組んで行くかを示唆することが四柱推命学だと考えています。

お客様お一人おひとりの心のバランスを整えることに意識を向けながら、お客様には「二度とここに戻って来ないでいいように、生き方を変えて頑張ってください」といつも送り出しています。

Q. 今後の業界と子平館の展望について

祐生先生

子平館では正しい学問を世間に広く認知してもらう活動に取り組んでいます。できる限り間違ったことが淘汰され、正しい占術が選択できる業界へと変革をもたらし、お客様の見る目も養っていきたいと思います。そして、子平館の学問を後世に伝えるため、人材育成が私達に託された役割だと感じています。

梅川先生

私達の業界は、実力がなくても上手な宣伝活動で商売が成り立っている方が大勢いらっしゃいます。そして一部の鑑定師は儲け主義に偏っている現状です。子平館の考えは、第一に自分の腕を磨き、口コミでお客様に選ばれることです。そして先代からの「四柱推命学だけで生活するな」との遺言を大切にしています。私達は経済的にも社会的にも信用のある自立した本業を持つ鑑定師です。この業界一本だけで仕事することは、儲け主義を助長することに繋がると考えています。本来、私達は四柱推命学の探究を続ける研究者であるべきです。間違えても金儲け主義に走ることは絶対に有り得ません。正しい学問を学び、同じ思いを持つ、鑑定師を一人ひとりでも多く輩出することが使命だと思い、四柱推命学と向き合っていきたいと思います。

店舗情報

店名子平舘
住所大阪府堺市堺区宿院町西3丁 1-29-1402
交通南海電鉄
「堺」駅から徒歩7分
URLホームページはこちら